鍛神の副作用はあるの?全成分を徹底調査!

鍛神の副作用はほぼありません!※こんな人はご注意ください

鍛神の副作用に驚く人

 

鍛神は栄養機能食品、いわゆる健康食品なので副作用はほとんどありません。

 

事実、定期コースで4カ月継続利用した私に副作用は起きませんでした。

 

しかし、こんな人は鍛神を飲んで副作用が起きる可能性があります。

 

・乳製品・鶏肉・ゼラチンにアレルギーがある人

 

・鍛神を過剰摂取した人

 

・偏った食生活を送っている人

 

上記の3つに当てはまる人は要注意です。

 

順番に解説していきます。

 

また、鍛神の全成分を調査して「本当に副作用がないのか?」徹底チェックします!

 

 

アレルギーのある人は副作用に注意

鍛神の副作用に苦しむ人

 

貴方はアレルギーを持っていますか?

 

持っているなら注意してください。

 

鍛神には乳製品・鶏肉抽出物、ゼラチンが含まれています。

 

これらのアレルギーを持っている人は、アレルギー反応が起きて副作用になる場合があります。

 

もしも何かしらのアレルギーを持っている人は、一度医者に相談するのがオススメです。

 

アレルギー症状が出たらすぐに摂取を中止して、病院で診てもらってくださいね。

 

鍛神の過剰摂取は副作用につながります

鍛神を過剰摂取する人のイメージ

 

公式サイトでは、1日6粒を推奨しています。

 

体に良いからと言って、何でも過剰摂取すれば良いというものではありません。

 

鍛神hmbを過剰摂取すると、タンパク質によって腸内環境が悪化するおそれがあります。

 

鍛神hmbをはじめプロテインにはタンパク質とアミノ酸が豊富に含まれています。

 

この2つを多く摂り過ぎてしまうと分解できず、そのまま腸に向かいます。

 

すると悪玉菌のエサになってしまい、善玉菌が負けてしまいます。

 

すると腸内環境が悪くなり、下痢や便秘、腹痛といった副作用が起きやすくなります。

 

また口臭や体臭の原因にもなります。

 

さらに老廃物が溜まりやすくなり、ニキビの原因にもなるのです。

 

飲み方として、1日6粒を小分けにして運動前または運動中に摂取するのがベストです!

 

偏った食生活だと副作用に

偏った食生活

 

普段からあなたが偏食をしているなら要注意です。

 

例えば日常的に亜鉛の摂取量が多ければ、鍛神をさらに飲むことで体内の亜鉛が過剰になります。

 

すると銅の吸収を阻害し始めるため様々な副作用おこります。

 

吐き気や下痢、免疫の低下、低銅血症によるめまいや貧血が考えられます。

 

【副作用のある成分】bizentoの鍛神徹底解剖

鍛神の成分を分析する女性

 

ここでは鍛神の全成分を調査し、副作用が起こりえる成分がないか解明します。

 

下の画像が、パッケージ裏に書かれている全成分になります。

 

鍛神の全成分

 

HMBCa

HMBCaは、HMBにカルシウム(Ca)をくっつけた成分です。

 

国立医薬品食品衛生研究所の発表によると、副作用の報告は確認されていません。

 

還元麦芽糖水飴

でんぷんから作られた、砂糖の代わりになる低カロリーの甘味料です。

 

この成分を一度に摂り過ぎると、お腹がゆるくなる可能性があります。

 

下痢をしたり、腹痛の原因になる場合があります。

 

L-オルニチン塩酸塩

これはアミノ酸のことです。

 

摂り過ぎると胃が荒れることが稀にあります。

 

胃痛や胃痙攣の原因になりますが、ほぼあり得ないと言っていいでしょう。

 

L-カルニチン酒石酸塩

脂質を燃やしてエネルギーにする働きがあります。

 

過剰摂取すると、吐き気、嘔吐、腹部痙攣、下痢、「生臭い」体臭が発生する場合があります。

 

L-シトルリン

シトルリンは血流の流れを良くします。

 

副作用はありません。

 

エラスチン

タンパク質の一種です。

 

体内でアミノ酸に変換されます。

 

豚やカツオから抽出されるので、食品アレルギーのある人は要注意です。

 

クレアチン

クレアチンもアミノ酸の一種です。

 

公式機関から副作用の報告はありませんが、摂り過ぎると胃のむかつきを感じることがあるようです。

 

コラーゲンペプチド

名前の通りコラーゲンです。

 

ただコラーゲンペプチドの方が、コラーゲンより小さいので吸収されやすいです。

 

コラーゲンの摂り過ぎによる副作用は確認されていません。

 

しかしコラーゲンもタンパク質なので、摂り過ぎるとニキビの元になる可能性はあります。

 

鶏肉抽出物

内訳は、鶏肉抽出物+デキストリン+でんぷんです。

 

デキストリンは炭水化物の一種です。

 

これらに副作用はありませんでした。

 

黒ゴマ抽出物/結晶セルロース

セルロースも炭水化物の一種で、副作用はありません。

 

ヒドロキシプロピルセルロース

添加物の一つです。

 

摂り過ぎると下痢する場合があります。

 

ステアリン酸Ca

カルシウム塩のことで、副作用はありません。

 

V.C

ビタミンCのことです。副作用はありません。

 

グルコン酸亜鉛

文字通り亜鉛です。

 

摂り過ぎると銅の吸収を邪魔してしまうので、吐き気や下痢、免疫の低下、低銅血症によるめまいや貧血が考えられます。

 

V.B6

ビタミンBのことです。副作用はありません。

 

L-ロイシン

タンパク質の一種です。

 

他のたんぱく質同様、摂り過ぎると腸内環境の悪化や内臓疲労の副作用が起こりえます。

 

L-アルギニン

アミノ酸のことです。

 

摂り過ぎで胃が荒れたり下痢することがあります。

 

L-イソロイシン

こちらもアミノ酸。副作用はありません。

 

L-グルタミン

アミノ酸の一種です。副作用はありません。

 

L-バリン

必須アミノ酸の一種です。

 

摂り過ぎると新陳代謝に悪影響が出るかもしれません。

 

タウリン

アミノ酸のことです。副作用はまずありません。

 

ヒアルロン酸

関節のサポートに使われます。

 

副作用の心配はありません。

 

葉酸

ビタミンBの一種です。副作用はまずありません。

 

パントテン酸Ca

ビタミンB5のことで、副作用はありません。

 

V.B2・V.B1・VB12

どれもビタミンBのことで、副作用はありません。

 

ナイアシン

こちらもビタミンBのことで、副作用の不安はなしです。

 

副作用のある成分まとめ

鍛神の副作用まとめを話す男性イメージ

 

副作用の可能性がある成分をまとめます。

 

・還元麦芽糖水飴
→摂り過ぎでお腹がゆるくなる

 

・L-オルニチン塩酸塩
→過剰摂取で胃が荒れる場合もある

 

・L-カルニチン酒石酸塩
→過剰摂取で吐き気、嘔吐、腹部痙攣、下痢、「生臭い」体臭の可能性アリ

 

・ヒドロキシプロピルセルロース
→過剰摂取で下痢の可能性

 

・グルコン酸亜鉛
→摂り過ぎで吐き気や下痢、免疫の低下、低銅血症によるめまいや貧血

 

・L-ロイシン
→摂り過ぎると腸内環境の悪化や内臓疲労

 

・L-アルギニン
→過剰摂取で胃が荒れたり下痢

 

・L-バリン
→摂り過ぎで新陳代謝に悪影響

 

結論は、飲みすぎなければ鍛神の副作用は起こりません!

 

1日に20粒も30粒も飲まなければ問題ないです。

 

鍛神を飲んで痩せたのは副作用?

食事制限ダイエットのイメージ

 

もしも貴方が鍛神を飲んでいるだけで痩せたなら、それは他の原因が考えられます。

 

なぜなら、鍛神に入っている成分にダイエットサポート成分はありません。

 

筋肉増強サプリメントだからです。

 

他の原因として、2つ考えられます。

 

・食事制限を頑張っていた

 

・運動を頑張っていた

 

当てはまらない人で痩せたなら、体質だと思うので心配しなくて大丈夫です。

 

鍛神の副作用は知恵袋に書かれている?

現在、知恵袋に副作用の報告はありませんでした。

 

鍛神の副作用はtwitterに書かれている?

ツイッター上で、鍛神の副作用は確認できませんでした。

 

鍛神の副作用はamazonの口コミにある?

amazonの口コミで副作用の報告はありませんでした。

 

【まとめ】鍛神の副作用について

副作用はないよ、と言う男性

 

まとめると、鍛神の正しい飲み方を守っていれば副作用はない!という結論になりました。

 

一日6粒前後を、運動前トレーニング中に摂取するのがベストです。

 

4ヵ月間、鍛神を飲み続けた筆者である私に副作用は一切起きませんでした。

 

過剰摂取はせずに、バランスの良い食事をして、運動を適度にする。

 

これが、副作用なく効果を実感できる方法です。

 

>>鍛神の公式サイトはこちらです。

 


page top